「1ヶ月で5キロ痩せる!」と決意!でも、最初は頑張れてもだんだん疲れてきて、結局リバウンドして元のもくあみ。こういった経験をした方はたくさんいると思います。

1ヶ月で痩せるのはなかなか難しい事です。無理をして体調を崩してしまっては意味がありませんし、何より見た目が綺麗にならないと痩せた、というよりやつれた印象になってしまいます。

でもダイエット方法次第では、無理なく理想の体型を手に入れることも可能です。今回は1ヶ月で5キロ痩せるためにダイエット方法や考え方などを紹介していきたいと思います。

まずはおおまかな数字を見てみましょう

やみくもに「5キロダイエットする!」と決意しては、空回りして時間も体力も無駄になってしまいますよね。ここではダイエットを始める前に、具体的な数字を出してみましょう。体重を5キロ減らす為に、どれだけの食事制限や運動が必要か、ご存じですか?

おおよそ36000kcalを消費すると、5キロ痩せる計算になります。体重を1㎏減らすには7200kcalを消費する必要があります。「うわあ、無理…」と思った人はご安心を。

実際は体重を減らすと体脂肪だけでなく、むくみを改善したり便通を良くしたりと、体脂肪を減らす以外でも方法があります。1ヶ月で5キロのダイエットとなると、食事制限とストレッチだけではどうしても限界があるので、他の方法でのダイエット効果を混合する必要があります。

1ヶ月で5キロダイエットする為のカロリー計算

36000kcalを消費すると、5キロ体重が減る事ができます。このカロリーを毎日の摂取カロリーから少しずつ減らしていけば、痩せる事ができますよね。私たち人間の身体は動いていなくてもエネルギーを消費します。これを基礎代謝といいます。

また基礎代謝の他に、身体を動かす事でカロリーを消費していますよね。私たちは毎日このふたつの要素でカロリーを消費しています。これは年齢や性別、普段の活動量によって変わります。自分の活動レベルと年齢で、必要なカロリーを計算していきましょう。

こちらのサイトが簡単に分かりやすくチェックできます。
http://www.med.or.jp/forest/health/eat/01.html

私の場合は女性で30〜49歳、身体活動レベルは2で付加情報は特にありません。この場合ですと、私の一日に必要な推定エネルギー必要量は2012kcalになりました。私が1ヶ月で5キロの減量をする場合は、36000÷31=1161kcalのカロリーを制限する事になります。

一日に必要な基礎代謝量が2012kcalですので、2012ー1161=851kcalの食事制限をすれば、痩せる事ができます。食事制限以外に、運動をする事に決めていたら、もう少し食べる余裕ができるという訳ですね。

どうですか?具体的に数字が出た事で、痩せる為に必要な事が立体的に考えられるようになると思いませんか?数字で目標を表すと、目的を達成するために何をすればいいのかが分かるようになってきますね。

1ヶ月で5キロダイエットする為のダイエット方法は?

インターネットでダイエット方法を検索すると、実に様々なやり方が紹介されています。全部試す事なんでとうていできそうにありません。ここではおすすめしたいダイエット方法について、簡単に紹介していきたいと思います。

プチ断食

休日の1日、または2日を絶食として、その日はダイエット食品と水だけで生活します。「毒出し」になるので、身体が軽くなり、便通も良くなると評判です。ただし、いきなりプチ断食をしてはいけません。まえもって準備をしなければいけませんので、始める前によく調べてから開始して下さい。また、後述のダイエットシェイクを普段は飲んで、休日だけプチ断食を行っている人もいます。

ダイエットシェイク・ダイエット食品

栄養バランスが豊富に含まれているダイエット食品は、置き換えダイエットに最適です。一日の食事の1、または2回をダイエット食品に置き換える方法です。空腹感が少なく、栄養があるダイエット食品を選ぶのがポイントです。

低炭水化物ダイエット

炭水化物は血糖値を急激に上昇させます。上昇した血糖値を下げるためのすい臓からインスリンが分泌されますが、この成分が脂肪を作る働きをするので、炭水化物を多く摂取すると太りやすくなります。ですので、原因となる炭水化物を減らす事でダイエット効果を期待するというもの。全く摂らないのはいけません。また、短期間で終了するとリバウンドかしやすいので、低炭水化物ダイエットを中心に行うのではなく、炭水化物を控えるといった方法をとると、より痩せやすくなるでしょう。

まとめ

1ヶ月で5キロ痩せる為に具体的に必要な事をまとめました。いかがでしたか?ダイエットは細かく計画を立てた方が成功しやすいと思います。最初に目標を立てたら、次にダイエット方法について考えていきましょう。

具体的に一ヶ月で5kg体重を落とす為に効果的なのは食事制限?それとも運動?

1ヶ月で体重を5キロ落とすために、基礎知識や1日に制限するカロリーが分かってきたと思います。次は、実際に5キロ痩せるためにどういったダイエット方法にするのか、考えていきましょう。

運動で5キロ痩せるのは効率が悪い!?

体重を落とすために必要な事は2つです。

・食事制限
・エクササイズ

基本的にはこの2つだけです。ダイエットのために運動するのは当然。食べた分を運動で消費すれば痩せる、と考えている人は多いですよね。身体を動かすのが好きな人は苦にならないでしょうが、普段から出不精の人は運動がとても億劫になってしまって、それだけでダイエットを挫折することもあるでしょう。

しかし、そんな人にも朗報が。5キロ痩せるために必要な事は、運動よりも食事制限に重点を置くことなのだそうです。運動は体重を落とすため、というより、体質の改善や引き締めのため。食事制限の割合を多く、エクササイズを少しだけにすると、ダイエットが成功しやすいそうです。その理由を説明しましょう。

消費するカロリーが少ない

頑張ってジムに通った、1時間ウォーキングした。でも体重計に乗ってみたらほとんど減ってない!こういった経験をした人も多くいると思います。例えば体重50㎏の人がウォーキングを1時間したとします。消費されるカロリーはどれくらいか分かりますか?答えは、なんと200kcal程度。子供のお茶碗1杯分くらいのカロリーです。400kcalを消費するには2時間…。忙しい私たちは時間がありませんし、モチベーションも続きませんよね。

運動した達成感や空腹感で食べてしまう

「運動した!頑張ったからお腹すいたなあ」「今日はいつもより頑張ったし、ちょっとくらいなら自分へのご褒美に、いいよね?」といった事を考えた事はありませんか?私は、悲しいかな、何度もあります。人間は自分に甘いものです。意思が強い人は大丈夫でしょうが、何度もこういった失敗を繰り返してしまう人は、運動よりも食事制限の割合を多くしてみましょう。

食事制限をするときの注意点は、低カロリーで栄養バランスのとれた食事を!

運動よりも食事制限に重きを置いてダイエットすると、1ヶ月で5キロダイエットする事は可能です。しかし、やみくもにカロリーだけを制限したり、無茶な「プチ断食」をしたりすれば当然体調を崩してしまいます。

重要なのは、栄養バランスをとって低カロリーでも健康な食事をすることです。1ヶ月でダイエット効果を得るのはとても大変です。短時間で結果を出さなければいけない事だからです。なので、短時間であればあるほど、栄養バランスはとても重要になってきます。具体的に不足しがちな栄養素を挙げていきましょう。

脂質

ダイエット中には天敵と思いがちな脂質ですが、全く摂らないと疲れやすく、体力が低下してしまいます。

炭水化物

同じく出来るだけ避けたくなる栄養素ですが、不足すると思考力が低下しやすくなります。

カルシウム

ダイエット中は空腹感との戦いです。カルシウムが不足するとイライラして怒りっぽくなります。他にも、肩こりや筋力低下などの症状もおきやすくなります。

マグネシウム

体内で酵素の働きを助けているマグネシウムは、慢性的に不足すると不整脈や心疾患のリスクが高まる事もあります。

栄養バランスのとれた食事をとる理由

ダイエット中の停滞期になりにくくなる

若い女性に多いのですが、極端に食べずに体重を落とすといった無理な方法でダイエット効果を期待しようとしている人がいます。しかしそういった痩せ方はとても危険ですし、場合によっては逆効果になる事も。

ダイエット中はよく体重の減りが止まるときがありますよね。ダイエットの停滞期とも言いますが、ダイエットの停滞期は飢餓状態とも言われ、身体に負担がかかっていると脳が感じて、省エネモードに入ってしまうのです。

低カロリーな上に栄養バランスが崩れた食生活を送っていると、こういう状態になりやすくまります。思うように体重が減らないので結局ヤケになって失敗…。こういう経験、ありませんか?

ダイエットの副作用である、胸痩せ、肌荒れ、便秘になりにくい

絶食系ダイエットや単品(バナナ、リンゴ、キャベツ)しか食べないダイエットが失敗しやすいのは、便秘や肌荒れなどのトラブルが原因となることが多いようです。

綺麗になりたくてダイエットを始めても、お肌がボロボロでは意味がありませんよね。そういった意味でも、ダイエット中には特に栄養バランスのとれた食事が大事です。

まとめ

1ヶ月で5キロ痩せるために必要な事などをまとめましたが、いかがでしたか?早く痩せたいという気持ちは分かりますが、こういった事をひとつひとつ確認していく事がとても大事です。焦らずに計画を立てましょうね。

最も効率的で栄養バランスが良いのは置き換えダイエット

1ヶ月で5キロ痩せるために必要な事、大体分かってきましたか?

・5キロ痩せる為に消費するカロリーは36000kcal
・運動よりも食事制限に重点を置いたダイエット
・低カロリーで栄養バランスのとれた食事

この3点が大切です。ですが、そんな事知ってる、それを実行するのが難しいんだよ、と思っている人もいるでしょう。確かに短時間で5キロ痩せる為にはなかなか難しいですよね。しかし、上記3点を楽々で可能にしてくれるダイエットがあります。それは置き換えダイエットです。

置き換えダイエットとは

置き換えダイエットとは、通常の食事を1回または2回、専用のダイエット食品に置き換える事で、大幅なカロリーダウンができます。ダイエット用の専用食品ですので、栄養バランスはばっちり。

最近のダイエット食品は酵素入りであったり、美容成分が含まれているような食品もあります。酵素入りは便秘解消に役立ちますので、さらにダイエット効果が期待できる、女性に嬉しい食品でもありますね。

置き換えダイエット食品は、カロリーがほとんど100〜200kcal程度。ですので、例えば朝と夜にダイエット食品で置き換えて、昼は多少でしたら好きなものを食べるといった事もできます。好きなものを食べる事でストレスが軽減される、栄養もバランスよく摂る事が出来るのがダイエット食品。

他にも1日または2日間、ダイエットドリンクと水だけを口にする「プチ断食」があります。プチ断食は休日だけにして、普段の生活は置き換えダイエットを続ける事で、よりダイエット効果を期待する事もできます。さあ、置き換えダイエットを始めてみましょう!

ダイエット食品を選ぶポイント

ダイエット食品を選ぶポイント4つあります。

①味や風味が良い
人によって好みが違いますので、続けられそうな味や風味でダイエットを開始して下さい。

②腹持ちが良い
満腹感を得られるダイエット食品を選びましょう。

③1食あたりの費用
自分にとって無理のない費用で始めて下さい。

④栄養バランスが良い
栄養バランスはとても大事なので、購入する前にきちんとチェックしましょう。

おすすめダイエット食品

美容液ダイエットシェイク

1食わずか165kcalで美容成分、ピュアコラーゲンがたっぷり配合されたダイエットシェイク。1杯で充分な満腹感が得られるのも、とても良いですよ。味も7種類あるので、飽きが来にくいでしょう。

ソイスリム

ドリンクタイプは満腹感が得られるか心配、という人は、こちらのチップスタイプのダイエット食品はいかがでしょう。歯ごたえがあるので食べ応え充分。もちろん栄養もしっかり補給してくれます。スナック菓子が好きな人におすすめ。

こんにゃくラーメン

ダイエット中でも、ラーメンが食べたい!と思うときがありますよね。でもラーメンはカロリーが多いし…。そんな時、こちらのこんにゃくラーメンはいかがですか?麺はこんにゃくで作られているので、1食わずか27kcal〜。毎日ですと栄養バランスが崩れてしまいますが、普段のダイエット食品に飽きた時に食べると良さそうです。

まとめ

効率の良い置き換えダイエットの紹介とやり方、おすすめのダイエット食品などを紹介しましたが、いかがですか?注意として、ダイエットに夢中になるあまり、身体を壊してしまわないようにして下さいね。身体に異常が出たら、即ダイエットを中止して医師に相談して下さい。ダイエットに成功したらvライン脱毛 痛みが分かるサイトでムダ毛処理について学んで、体をもっと綺麗にしてみてはいかがですか?