人の肌は加齢に伴いどんどん変化していきます。
そして変化に合わせて最適なスキンケア用品を選び直す必要があります。
そのため同じ基礎化粧品をもう20年も使い続けているという事は、本来はあまりよくない事なのです。

ですが肌が弱い人からすれば、新しいスキンケア用品を試すたびに、肌に異常が出ないかドキドキしないといけないのは嫌ですよね。
また敏感肌の人に限らずに、加齢に伴いバリア機能が低下し、肌は弱くなっていきます。
そのため全ての人に、新しくスキンケア用品を購入したら、いきなり顔に試すのではなく、パッチテストを行う事をお勧めします。

広告PR:アスロング 効果

パッチテストという言葉はなんとなく知っているけれど、やり方は知らないという人も多いかもしれません。
なのでパッチテストのやり方を紹介していきます。
まず顔の肌は最も敏感なので、まずは皮膚が厚い二の腕や太ももに、少量スキンケア用品を試し塗りしてみて下さい。

そして24時間肌に異常がないかどうか確認します。
そこで異常がなければ、次は顔の中では1番皮膚が厚い顎に、試し塗りをし同じく24時間異常がないか調べます。

そこで異常がなければ、パッチテストはクリアしたため、肌に使用してもOKだと言えます。
ただ万が一顔に使用して、肌トラブルが生じたり、身体に異変を感じた場合は、すぐに使用を中止して病院へ行く事をお勧めします。
その時に念の為、使用したスキンケア用品は、病院へ持っていきましょう。

もしかするとあなたが知らないだけで、何が特定の物質に対してアレルギー症状があり、そのアレルギーがスキンケア用品に含まれている可能性もあるからです。
実は病院でもパッチテストを行う事は可能です。
アレルギー検査を事前にしておくと、配合成分をチェックしてその物質を回避する事が出来るので、安心して使用できます。

ちなみにパッチテストの最中は、アルコールは飲まないようにして下さい。
あと生理中や妊娠中は女性ホルモンのバランスが崩れやすい状況なので、正しい診断が出来なくなります。
なるべく平常時にパッチテストを行いましょう。

美容PR:フルリ 店舗